なぜ施工管理は求人に需要があるの?誰でもなれる?

建設業界で激アツな職種はズバリ施工管理!求人もたくさんある

建設業界で激アツな職種はズバリ施工管理!求人もたくさんあるのメイン画像

施工管理の仕事は資格が必須ですが、合格率も高くないためニーズは大変多いです。最近では未経験な人を育てながら資格取得を目指せる求人もあります。

なぜ施工管理は求人に需要があるの?誰でもなれる?

施工管理への求人をオススメしましたが、なぜ数ある建設業界の職種の中でも施工管理は求人需要があるのでしょうか?

◎施工管理が乞われる理由

施工管理は建設業界の中でも求人数がいちばんといっても過言ではないぐらい多いのが現状です。

その理由とは、やはり工事現場において広い局面で工事を見渡せるリーダー的存在が不足しているという面にあるでしょう。

■施工管理は女性も活躍中です:"けんせつ小町"たちは、今日も現場で奮闘中 | 就職・転職 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

施工管理の仕事は国家資格が必要です。

実務経験や学科試験があり、合格率も高くありません。

工事の数だけ施工管理が必要となりますので、ニーズも多いということです。

最近では未経験な人を育てながら資格取得を目指せる求人もあるようです。

また、電気工事や土木工事など細分化された工事においての「施工管理」もニーズが高く積極的に資格取得を目指したいところです。

◎現場監督との違い

施工管理の仕事とよく似ているのが「現場監督」の仕事です。

施工管理の仕事自体が現場監督とよく似ているので同じ仕事だと思われがちですが、実は異なります。

施工管理は工事全般の管理を請け負うため、施工のスケジューリングや予算管理や安全管理などに加えてデスクワークも発生します。

それに対して現場監督とはあくまでも「工事現場」そのものを監督する立場にあります。

現場の作業員に的確な指示を出したり、その日の工事の進捗を管理するなど、より現場感が強い仕事といえます。

また、施工管理は資格が必要なのに対し、現場監督は必要な資格がないため現場の経験が長い人であれば誰でもなれるのが特徴です。